自分を安く見積もらない

普段自分を安売りしていると、自分の本当の商品価値が伝わりづらく、結局しんどい思いをするのは自分。

心のエコ

誠実なあなたの味方は誰ですか?

「心のエコ」で、

無駄なエネルギー放出(気遣い)を削減。

どんな成功者になろうとも

どんな成功者になろうとも、痛いところを叩いてくる人間は必ずいる。どんな成功者になろうとも、「お前より偉いんだぞ。」と、威圧してくる人間は必ずいる。どんな成功者になろうとも、「お前なんか知らない。」と、言ってくる人間は必ずいる。

 

結局、成功しようとしてまいと、聞けば途方にくれそうな周りの状況はずっと変わらないものなのだ。

 

そんな人たちのために、「どうしてわかってくれない?!」「どうしたら認めてもらえる?!」と、自分を追い詰めたりしてはいけない。ただひたすらに、未来に向かい、脇目も振らず、過去の自分を、生きている間中、より強化していくことに全エネルギーを注いでいくべきである。

 

負のエネルギーこそ、身近で起こることばかり。負のエネルギーは強力だから、つい引っ張り込まれてしまう。それらは、未来のあなたを形作るための一つの糧として、存在しているにすぎないと思ったほうがいい。

 

忘れないでほしい。あなたを支えていくのは今のあなたと未来のあなた。あなたのことを、あなた以上に賛同している人がたくさんいるのに、大切な人たちにエネルギーを注がずして、敵にエネルギーを注ぐことは愚かなことだということを。

 

良識ある人は、すべてにおいて同等に接するべきだということを知っている。上から目線という無謀さは、無知でなければできない。始終心がざわついてしまう時は、人柄で隠された、精神ステップの差が存在することを知ってほしい。世の中、無知で無教養ほど怖いもの知らずだから、もし、今の自分が勉強不足だと思うなら、色眼鏡もほどほどにしないといけないことになる。

 

そんな風に個々を尊重する意識が高まりは、やがて社会の礎を豊かにする。

 

 

真似をすると

子供が駄々をこねている時、その様子を同じように真似すると、子供は笑い出します。

毒親への情念で苦しむ方へ

たとえ毒親でも情念が絶えなくて苦しいときは、自分がこれまで親にしてきたことをあげてみる。親孝行できている自分のこれまでを視覚化する。