ピクティム・ブレーミング

犠牲者非難ともいう。健康維持をできなかった人に対し、社会的要因などもあるにも関わらず、「あなた自身に問題があるのだ。」などと責める傾向。

自然

おのずからしかる、すなわち、あるがままの在り方。

大変

大きな変化が起きている時。

情緒的アヴェイラビリティ

受身に程よい境界、心理的空間を保ちながら、情緒に応じる体制にある事。

虚心坦懐

心に先入観やなんのわだかまりなく、平静に事に望める状態。