ヒポクラテス

エーゲ海コス島の医師。霊の存在を想定するアニミズムの時代に、「てんかん」は憑依による神聖病ではなく、治療が必要な病いなのだと主張した。

実在的空虚

アウシュヴィッツを生き延びた精神科医フランクルが、20世紀後半の欧米社会に蔓延しているものとしてこの言葉を問題提起した。

人を笑顔にするのって楽しい。

だけど、自分が笑顔になんなきゃって時はしんどい時ばかり。

そんな時は、笑うでなしに、笑みを浮かべてみる。

そしたらとっても優しい気持ちになれる。

そんな笑顔は周りの人を勇気付けられる。

好きと嫌い

親子喧嘩の時に子供が言った言葉、「ママちゃんなんて大っ嫌い!本当は大好きなのに、大っ嫌い!」愛くるしくて思わず笑ってしまった。

パーソナルスペース

身体の周囲にある空間で、要因により変化する。例えば、攻撃的な人ほど広いなど。